日経ESG 2009/02号

第2特集 「温暖化懐疑論」に答える
Q2 気温が上がったことでCO2が増えたのでは?
Q 温暖化対策よりも大事なことがあるのでは?

人間活動によるCO2で気温が上がっているのではなく、何らかの原因でまず気温が上がり、その結果、海水などからCO2が放出されて、大気中のCO2濃度が上がっている─。古くからある懐疑論の1つだ。 この懐疑論の根拠になっているのが、下のグラフBである。(76〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2636文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 「温暖化懐疑論」に答える(73〜74ページ掲載)
「温暖化懐疑論」に答える
第2特集 「温暖化懐疑論」に答える(75ページ掲載)
Q1 気温は20世紀後半から急上昇しているのか?
第2特集 「温暖化懐疑論」に答える(76〜77ページ掲載)
Q2 気温が上がったことでCO2が増えたのでは?
第2特集 「温暖化懐疑論」に答える(78〜79ページ掲載)
Q3 人為的に増えたCO2が温暖化の主犯なのか?
第2特集 「温暖化懐疑論」に答える(80〜81ページ掲載)
Q4 コンピューターの予測は信用できるのか?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
update:18/07/26