日経ビジネス 2009/01/12号

特集 人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス 第1章
雇用調整の裏側 だから日本は嫌われる 切り捨てられる外国人労働者

 「1年前は1日に2000食ほど作っていたけど、今は650〜680食まで減ってしまった。こんな経験は初めてですよ」 愛知県小牧市の弁当宅配業を営む藤原繁味さんはため息交じりでこう話す。藤原さんの愛称は「マルシア」。20年前に来日した日系ブラジル人の2世だ。14年前にブラジル料理の弁当の宅配業を始めた。(22〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5466文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス(20〜21ページ掲載)
人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス
特集 人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス 第1章(22〜25ページ掲載)
雇用調整の裏側 だから日本は嫌われる 切り捨てられる外国人労働者
特集 人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス 第2章(26〜31ページ掲載)
新興国攻略の壁 拒絶される日本式 中国で続く人材の「獲り負け」
特集 人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス 第3章(32〜35ページ掲載)
相次ぐM&Aの現実 「日本人飛ばし」が始まる 野村・リーマン買収が崩した常識
特集 人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス 第4章(36〜39ページ掲載)
グローバル人材育成法 解は欧米式にあらず 目指せハイブリッド人事
特集 人減らしに潜む真の危機 人材ガラパゴス 第5章(40〜41ページ掲載)
あえて混沌を起こす勇気を
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
update:19/09/24