日経ビジネス 2009/01/12号

本 著者に聞く パーソナルライフ
佐藤 卓己 氏[京都大学大学院准教授] 国民の声の本質を問う
『輿論と世論』

 ——我々はよく「世論調査」によるデータが国民の声であるかのように受け止めます。しかし、実際には人々が考えて回答したものを集約した公的意見が「輿論」。世の中の雰囲気やムードのようなものが「世論」であると指摘しています。 そもそも、輿論と世論は互いに影響し合っていますから、完全に別のものというわけではありません。(62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1606文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24