日経コンストラクション 2009/01/23号

土木のチカラ 圧迫感を与えない住宅密集地の効果
圧迫感与えない住宅密集地の高架
JR土讃線高架橋(高知市)

 寒風が吹きすさぶ12月の金曜日。JR土讃線の高架橋の横で、午前8時ごろから市がにわかに活気づき出した。高架橋は供用し始めてからそれほど月日がたっていないのに、金曜市になじんでいるように見える。 付近は住宅密集地。立体交差事業に長年携わってきた高知県高知駅周辺都市整備事務所の川内敏博技術次長は、事業前の心境を次のように振り返る。(32〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4662文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
update:19/09/27