日経ビジネス 2009/02/02号

特集 鈴木敏文会長、最後の大仕事 セブン&アイ 第3章
成功モデル 破壊の最前線 中国で発揮される突破力

 店に入ると「いらっしゃいませ」を意味する「ファンイングァンリン」という声が方々から飛び込んでくる。そこに「たくさんのおかずが楽しめる弁当はいかがですか」という声が重なる。 店員は8人ほどいただろうか。その1人がチラシを持ってすかさず駆け寄り、中国語で懸命に説明をしてくる。時期は1月下旬、中国の正月「春節」の1週間前。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2873文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 鈴木敏文会長、最後の大仕事 セブン&アイ(22〜24ページ掲載)
鈴木敏文会長、最後の大仕事 セブン&アイの破壊
特集 鈴木敏文会長、最後の大仕事 セブン&アイ 第1章(25〜27ページ掲載)
聖域なき売り場改革へ 創業の原点、衣料品さえ捨て去る
特集 鈴木敏文会長、最後の大仕事 セブン&アイ 第2章(28〜31ページ掲載)
「個店力」が限界を破る 現場の裁量で脱・画一化
特集 鈴木敏文会長、最後の大仕事 セブン&アイ 第3章(32〜33ページ掲載)
成功モデル 破壊の最前線 中国で発揮される突破力
特集 鈴木敏文会長、最後の大仕事 セブン&アイ 第4章(34〜36ページ掲載)
生存欲求が紡ぐ絆 セクショナリズムを壊せ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
【記事に登場する企業】
セブン&アイ・ホールディングス
update:19/09/24