日経ビジネス 2009/02/02号

編集長インタビュー 人
森 雅彦 氏[森精機製作所社長] 不況期こそ次の一手

 問 自動車産業の設備投資が激減した影響で、国内の工作機械受注額が6年ぶりに前年割れしました。工作機械業界は苦しい時期に入っています。 答 確かに昨年10月以降、受注は急激に落ち込みました。第1〜2四半期の当社の受注額はそれぞれ400億円余りでしたが、第3四半期は150億円程度にまで減少しました。特に12月は目を疑うのを通り越して、冗談かと思うような数字です。(72〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4623文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
DMG森精機
update:19/09/24