日経エレクトロニクス 2009/01/26号

チュートリアル 薄型テレビの熱設計 前編
初期の簡易モデルによる検討が決め手 放熱部品の追加は回避できる
 薄型テレビの熱設計

家電製品における放熱が大きな課題となっている。小型・薄型,高機能・高性能な機器を実現しようとすれば,機器設計の早い段階から放熱について考慮する必要がある。どのように検討や設計を進めればよいのか,薄型液晶テレビを例に,2回に分けて具体的な検討方法を解説する(114〜119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7060文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > その他(AV家電)
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > その他(AV家電)
update:19/09/26