日経エレクトロニクス 2009/02/09号

NEインタビュー 西村あさひ法律事務所 顧問 弁護士 東京
「損せぬ人にもうけなし」著作権は開発の壁でいいのか
西村あさひ法律事務所 顧問 弁護士東京大学 名誉教授中山 信弘氏

 著作権を巡る国内の動きがかまびすしい。「ダビング10」や「私的録音録画補償金」など,機器メーカーに直接関係する制度の見直しが関連省庁の審議会などで議論されたのは記憶に新しい。2008年秋には政府の知的財産戦略本部が「日本版フェアユース」の導入構想をぶち上げた。(24〜26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3955文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > その他(知的財産・特許)
update:19/09/26