日経コンピュータ 2009/03/04号

ニュース
霞が関クラウドに5000億円 政府の新IT戦略で行政システム統合に再挑戦

政府は3月中旬にも国内経済に関する成長戦略をまとめる。目玉の一つとして電子政府の仕切り直しを盛り込む。データセンターだけで5000億円を投じ、行政機関の情報システムを統合する「霞が関クラウド」の構築に挑戦する。電子政府関連経費の数十%圧縮を目指す。 政府はITを経済成長の軸の一つと位置付け、IT産業育成とIT利活用による社会の効率化で不況の打破を目指す。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1202文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > システム設計・開発 > システム統合
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
update:19/09/24