日経ESG 2009/04号

トレンド・アンド・ニュース 環境政策
EUが化粧品で動物実験禁止国内メーカーも輸出に影響
環境政策

EU(欧州連合)は今年3月から化粧品の開発で、長期的な毒性評価などを除き、動物実験を禁止する。日本で動物実験し、製品を開発してもEUに輸出できない。国内の化粧品メーカーはその対応を巡り困惑気味だ。 EUは1986年に発効した動物実験指令で、「科学的に適切と認められる代替試験法がある場合、動物実験に代わり、代替法を使用しなければならない」と定めた。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > ダイエット・美容
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > ダイエット・美容
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
【記事に登場する企業】
欧州連合(EU)
update:18/07/26