日経ビジネス 2009/03/23号

現場力 企業
システム・ロケーション(自動車金融の業務支援) 「トヨタ3年分」の黒子役

 人気プロレスラー夫妻などがこう呼びかける広告で、一躍認知度が高まった残価設定型ローン。将来の中古車価格(残価)を設定し、新車価格から残価を引いた金額を分割するので支払額を安く抑えられるという利点がある。 トヨタ自動車に続いて、ホンダも今年2月に発売した新型ハイブリッド車「インサイト」で初めて導入、日産自動車も販売促進に活用している。(68〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4814文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
【記事に登場する企業】
システム・ロケーション
update:19/09/24