日経コンピュータ 2009/03/18号

特集 コンピュータは面白い
汎用から専用へ

 より高い処理性能を求め、専用化を進めた技術/製品を用いる例が増えている。従来は汎用技術を洗練させて高速化してきたが、それでは到達できないレベルまで切迫してきたからだ。 そうしたニーズを受けて、メーカーは様々な専用の技術/製品を投入している(表)。それらに共通するのは、汎用性を捨ててまでも特定用途に特化し、これまでの性能の壁を越えようという方向だ。(40〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6742文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 コンピュータは面白い(34ページ掲載)
コンピュータは面白い
特集 コンピュータは面白い(36〜38ページ掲載)
今、形を変えるコンピュータ
特集 コンピュータは面白い(40〜47ページ掲載)
汎用から専用へ
特集 コンピュータは面白い(48〜51ページ掲載)
機能の再配置が進む
特集 コンピュータは面白い(52〜57ページ掲載)
“ハコ”の制約を超える
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > その他(コンピュータ本体)
update:18/07/26