日経PC21 2009/05号

IT羅針盤
高速モバイルの大本命 WiMAXが実用段階へ
最大40Mbpsの高速通信、試験サービス開始

外出先でも一〇Mbps以上の高速モバイル通信ができる─。データ通信事業者の「UQコミュニケーションズ」は、二月二六日から、高速モバイル通信「UQ WiMAX」(WiMAX)の試験サービスを開始した。 WiMAXの通信規格の名称は「IEEE802・16e」。名前が示す通り、この通信方式は、従来の無線LAN通信技術の“発展形”に当たる。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1475文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 無線LAN規格
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN規格
【記事に登場する企業】
UQコミュニケーションズ
update:19/09/25