日経コンストラクション 2009/03/27号

特集 技術でつかむ環境市場
土壌汚染対策

 土壌汚染対策工法は大別して2種類ある。一つは汚染土を掘り起こして処理する「掘削除去」。もう一つは、汚染物質を薬品で分解したり地下水を揚水したりして、掘削せずに浄化する「原位置浄化」だ。 環境省によれば、2007年度の対策工事で採用されたのは、掘削除去が383件で、原位置浄化が101件。原位置浄化の割合が少しずつ増えているものの、現在も掘削除去が主流だ。(47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:870文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 技術でつかむ環境市場(38〜39ページ掲載)
技術でつかむ環境市場
特集 技術でつかむ環境市場(40〜41ページ掲載)
動き出す日本版グリーン・ニューディール
特集 技術でつかむ環境市場(42〜43ページ掲載)
ビジネスにつながる環境技術
特集 技術でつかむ環境市場(44〜45ページ掲載)
土壌汚染対策
特集 技術でつかむ環境市場(46ページ掲載)
土壌汚染対策
特集 技術でつかむ環境市場(47ページ掲載)
土壌汚染対策
特集 技術でつかむ環境市場(48〜49ページ掲載)
水環境の改善
特集 技術でつかむ環境市場(50ページ掲載)
水環境の改善
特集 技術でつかむ環境市場(51ページ掲載)
水環境の改善
特集 技術でつかむ環境市場(52〜54ページ掲載)
緑化
特集 技術でつかむ環境市場(55〜56ページ掲載)
緑化
特集 技術でつかむ環境市場(57ページ掲載)
緑化
特集 技術でつかむ環境市場(58〜59ページ掲載)
省エネ
特集 技術でつかむ環境市場(60〜63ページ掲載)
環境技術の新潮流
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/27