日経レストラン 2009/04号

分煙レボリューション
〈座談会〉消費者にホンネを聞いた 喫煙環境への不満と要望 すぐに望むのは、入り口での表示

 昨年、神奈川県が「受動喫煙防止条例案」を発表。店内の禁煙または完全分煙化を促す内容で、飲食店経営者の間に大きな波紋を呼んだ。 「喫煙されるお客様のことも考えれば禁煙にはできない」「完全分煙をするには、店舗面積が小さすぎ、コストもかかりすぎる」というのが、多くの経営者の声だ。(102〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6167文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

分煙レボリューション
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27