日経レストラン 2009/04号

特集1 2(P22−35)
特1●本文

 「こんな店、辞めてやる!」─。2006年6月のある日、中国料理店「餃子舗 担担」の2代目、坂下久也さんはあろうことかお客の目の前で、父親で店主の坂下章さんと怒鳴り合いの大ゲンカを始めた。 ケンカのきっかけはささいなことだったが、その背景にあったのは深刻な業績不振。久也さんの不安や焦りが爆発した瞬間だった。(22〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12404文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 1(P20−21)(20〜21ページ掲載)
業績が 伸びる店、ダメな店
特集1 2(P22−35)(22〜35ページ掲載)
特1●本文
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27