日経レストラン 2009/04号

クレーム担当者の奮闘日記
“タダ飯”狙いへの対処法
不況下で増加する要注意クレーム

 店にクレームを付けることで、飲食代金を払わないで済ませようというクレーマーが急増している。あわよくば飲食店から金品を巻き上げよう、という不心得者までいる。 ある外食チェーンのお客様窓口の担当者によればこうしたクレーマーは、「感覚的には以前の2倍くらいになっている」という。昨年の12月くらいからの現象で、理由として考えられるのが、現在の深刻な不況だ。(66〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2870文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27