日経メディカル 2009/04号

特集 1
外科崩壊 【PART1】崩壊に向かう外科医療 進む若手医師の外科離れ

厳しい労働環境や、それに見合わない安い給与を嫌い、若手医師の外科離れが進んでいる。このまま行けば外科医は激減し、地域の病院からは外科が消え、手術を受けられない患者があふれる事態に陥りかねない。着々と進む外科崩壊の現状をまとめるとともに、その解決策を探った。(56〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5470文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/27