日経メディカル 2009/04号

特集 2
【PART2】グラフ●外科崩壊の現状 労働負担増す外科勤務医

全医師数は12年間で約4万3000人増えたが、外科系と一般外科、産婦人科などは減っている。特に1996年以降、一般外科だけが一貫して減少している。また、29歳以下の医師のうち、既に4割近くが女性で、外科を目指す女性のための受け入れ態勢整備も急務だ。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:978文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:18/07/26