日経メディカル 2009/04号

特集 3
【PART3】外科医をつなぎ止める方策とは 国や現場で始まった待遇改善の模索

国や外科系団体だけでなく病院の現場などでも、外科医の待遇改善に向けた取り組みが始まりつつある。その内容は、手術料の診療報酬見直しから病院での手当新設、医科大学での医学部生向けセミナー開催など様々だ。 人手不足が深刻化している外科勤務医。その要因の一つとして挙げられるのが、小泉政権の時から厳しさを増した医療費抑制策だ。(64〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5071文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:18/07/26