日経コンピュータ 2009/04/15号

特集1 正面突破のコスト削減
総論

 2009年4月、企業はこれまでにないどん底の経済環境の中で新年度を迎えた。企業のIT部門は早急に、根本的なコスト削減策を見つけ出さなければならない。新年度のIT予算に大ナタを振るった以上、もはや小手先のムダ取りは限界である。本誌は、今こそ仮想化技術を全面的に取り入れて、サーバー統合やストレージ統合などのプラットフォームの整理・見直しに取り組むことを強くお勧めする。(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5108文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 正面突破のコスト削減(48ページ掲載)
正面突破のコスト削減
特集1 正面突破のコスト削減(50〜53ページ掲載)
総論
特集1 正面突破のコスト削減(54〜61ページ掲載)
検証 IT企業のコスト削減提案
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24