日経コンピュータ 2009/04/15号

動向 導入進むストレージ新技術
情報爆発に負けない「重複排除」データを数十分の一に削減
導入進むストレージ新技術

効率的にデータ容量を減らす「重複排除」技術を採用する企業が増えている。複数のファイルやブロックから重複した部分だけ取り除くため、内容を損なわず大量のデータを保存できる。加えて、人手がかかっていたテープの管理や搬送が不要になる。 情報システムのアウトソーシングなどを手掛けるビック東海は今年5月、データの「重複排除」機能を活用した新サービスを開始する。(81〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4271文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > その他(ストレージ製品・技術)
update:19/09/24