日経コンストラクション 2009/04/24号

NEWS 時事
JR東日本が曲げ破壊先行型柱の補強に着手 ■ JR東日本の柱・橋脚の耐震補強の完了数と実施予定数

 JR東日本は4月7日、曲げ破壊先行型のラーメン高架橋柱のうち、耐震性が低い柱の補強に着手したと発表した。第1次耐震補強対策として進めていたせん断破壊先行型の高架橋柱や橋脚の補強が3月末に完了したため、第2次対策として対象範囲を広げた。今後5年間かけて施工する。 補強する柱の本数は、在来線が約5500本、新幹線が約6700本で、計1万2200本。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1001文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
【記事に登場する企業】
JR東日本
update:19/09/27