日経コンストラクション 2009/04/24号

NEWS 技術
GPSを利用して52台の除雪車を運行管理

 京セラコミュニケーションシステム(京都市、以下KCCS)と、協同組合くびき野地理空間情報センター、ドーンは共同で、除雪管理支援システムを新潟県妙高市に導入した。導入によって、除雪車の現在位置や除雪の進ちょくを正確に把握できることを確かめた。 KCCSが開発したASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)型の位置情報サービス「SAVE PLATFORM」を使った。(27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
京セラコミュニケーションシステム
高知電子電算センター
ドーン
update:19/09/27