日経ビジネス 2009/05/25号

時流超流・トレンド
政府のエコカー販売支援に3つの死角 複雑な制度、即効性にブレーキ

 トヨタ自動車が5月18日に発売したハイブリッド車、新型「プリウス」が爆発的な人気となっている。4月1日に予約販売を始めたところ、月間目標1万台に対して、発売日までに8万台を超える受注が殺到した。「圧倒的な環境性能を実現して、期待を上回るスタートが切れた」と豊田章男副社長は自信に満ちた表情で語る。 好調の理由の1つには、手頃な価格がある。(10〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6788文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/24