日経デザイン 2009/06号

特集 デザインで革新する地方発ブランド 全国編1
鶴雅グループ/北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(北海道網走市) 古代オホーツク人のデザインをホテルに施す

 古代から中世にかけて、北海道の網走のあたりには独自の文化を持ったオホーツク人と呼ばれる北方民族が生息していた。モヨロ貝塚の発見により存在が知られるようになったが、ある時を境に歴史から忽然と姿を消している。そのため、「謎の民族」とも呼ばれ、北海道の人でもオホーツク人のことを知る人は多くない。(26〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7221文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 デザインで革新する地方発ブランド(20〜25ページ掲載)
デザインで革新する地方発ブランド
特集 デザインで革新する地方発ブランド 全国編1(26〜35ページ掲載)
鶴雅グループ/北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(北海道網走市) 古代オホーツク人のデザインをホテルに施す
特集 デザインで革新する地方発ブランド 全国編2(36〜51ページ掲載)
和歌山電鐵/貴志川線(和歌山県和歌山市) 赤字ローカル線の再生にデザインを活用
特集 デザインで革新する地方発ブランド 京都編(52〜63ページ掲載)
京都デザインハウス/ステーショナリーほか 京都を拠点にデザインを通じて生活提案
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 工業デザイン
update:19/09/27