日経ソフトウエア 2009/07号

やさしく教えるVisual Basic教 第7回
オブジェクト指向の第一歩 クラスに処理を記述しよう

現在のVisual Basicはオブジェクト指向のプログラミング言語です。データや処理をオブジェクトに格納することで,より効率よく,確実なプログラミングができるようになっています。「クラス」を記述し,実行時にクラスのオブジェクト(インスタンス)を生成して利用します(124〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7497文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
update:14/03/27