日経ソフトウエア 2009/07号

特集2 はじめてのオープンソース・データベース Part1
手軽に使える!オープンソース・データベース

Webアプリケーションをはじめ,多くのシステムでデータベースが利用されています。よく知られた製品には,米Microsoftの「SQL Server」,米Oracleの「Oracle Database」,米IBMの「DB2」などがありますが,いずれも一部を除いて有償です*1。もっと手軽に使いたいときには,オープンソースのデータベース・ソフトウエアがお薦めです。(45〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6432文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる324円
買い物カゴに入れる(読者特価)162円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集2 はじめてのオープンソース・データベース(44ページ掲載)
はじめてのオープンソース・データベース
特集2 はじめてのオープンソース・データベース Part1(45〜49ページ掲載)
手軽に使える!オープンソース・データベース
特集2 はじめてのオープンソース・データベース Part2(50〜57ページ掲載)
LAMPの基盤,MySQLの使い方を学ぼう
特集2 はじめてのオープンソース・データベース Part3(58〜63ページ掲載)
GUIツールでPostgreSQLを楽々操作
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > システム設計・開発 > データベース
update:14/03/27