日経コンピュータ 2009/05/27号

ニュース
ユニシスが直前に契約変更を打診 佐賀銀行、勘定系切り替え延期の真相

稼働日の1カ月前に日本ユニシスが佐賀銀行に運用アウトソーシング契約の見直しを持ちかけ、稼働日までに話がまとまらなかった〓。システムが完成していたにもかかわらず運用契約を交わせず切り替えを延期するという前代未聞の事態の経緯が分かった。 「もっと早く打診すべきだったと言われればその通りだ」。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
【記事に登場する企業】
佐賀銀行
日本ユニシス
update:18/07/26