日経ビジネス 2009/06/15号

特集 それでも世界で勝つ 渾身のグローバル経営 3章
「地方」「中小」に極意あり

 品川化工(神奈川県愛川町)グループは塩化ビニール用添加剤で世界2位、年間売上高は300億円だ。創業者一族である佐々木亮社長が入社した1987年と比べると売上高は10倍まで拡大した。その9割を海外が占める。 以前は国内市場にどっぷりと依存していた中小企業が、なぜ世界8カ国に工場を展開し、税引き前利益率が10%を超える高収益のグローバル企業に飛躍できたのか。(31〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6809文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 それでも世界で勝つ 渾身のグローバル経営 起こし+1章(20〜25ページ掲載)
それでも世界で勝つ 渾身のグローバル経営8社
特集 それでも世界で勝つ 渾身のグローバル経営 2章(26〜30ページ掲載)
離陸する和製M&A
特集 それでも世界で勝つ 渾身のグローバル経営 3章(31〜35ページ掲載)
「地方」「中小」に極意あり
特集 それでも世界で勝つ 渾身のグローバル経営 編集長インタビュー●人(36〜38ページ掲載)
重久 吉弘 氏[日揮会長兼CEO(最高経営責任者)] 新興国で産業を創る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
エヌ・ディ・アール
品川化工
日健総本社
湯川鋳造所
update:19/09/24