日経ビジネス 2009/06/15号

損保特集 瀬戸際損保、生き残りの戦い 再編だけでは 後半
海外・生保に切り込め

 今、損保は国内営業とともに様々な場面でビジネスモデルの作り直しを進めている。 キーワードは「外へ」。「国内市場での成長機会はやはり限られる」(八木利朗・東京海上ホールディングス副社長)中で、とりわけ力を入れるのは海外市場の取り込みだ。 ここでは東京海上と三井住友海上グループホールディングスの2社が先を行っているが、動き方は全く異なる。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5984文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
損保特集 瀬戸際損保、生き残りの戦い 再編だけでは 前半(40〜43ページ掲載)
瀬戸際損保、生き残りの戦い 再編だけではまだ危ない
損保特集 瀬戸際損保、生き残りの戦い 再編だけでは 後半(44〜47ページ掲載)
海外・生保に切り込め
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
update:19/09/24