日経ビジネス 2009/06/15号

時流超流・トレンド
「200年住宅」計算倒れか 税優遇のメリットより、初期コスト大?

 日本の住宅の平均寿命は30年。100年超すという欧米に比べて圧倒的に短い。「スクラップ・アンド・ビルド」を繰り返す日本の住宅は、環境という観点から見ると問題が多い。そこで国土交通省は住宅の長期使用を促そうと、この6月4日に「200年住宅」の普及を目指す「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」を施行した。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1718文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/24