日経ビジネス 2009/06/22号

特集 ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なの
ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なのか

日本発のエコカー、ハイブリッド車に消費者が殺到している。トヨタ自動車の新型「プリウス」は発表前に8万台もの受注を獲得し、先行して発売したホンダ「インサイト」も納車待ちが続く。エンジンとモーターでクルマを動かすハイブリッド車の台頭は、自動車メーカーを頂点とする産業構造を突き崩す可能性を秘める。(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:327文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なの(22〜23ページ掲載)
ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なのか
特集 ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なの 第1章(24〜27ページ掲載)
変わり始めた産業構造 GMの破綻とハイブリッド車の進化
特集 ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なの 第2章(28〜31ページ掲載)
ハイブリッド車を買う理由 燃費の良さと割安感に消費者が殺到
特集 ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なの 第3章(32〜37ページ掲載)
自己変革力問われる 急成長市場狙い、激化する生存競争
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > ハイブリッドカー
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > ハイブリッドカー
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他(車・バイク−製造)
ビズボードスペシャル > 環境 > ハイブリッドカー
update:19/09/24