日経コンストラクション 2009/06/26号

特集 現場に効く情報化施工
三次元データ活用で海上並みに高速造成
工期短縮 夜間でも昼間と同じ施工効率を確保

 三次元データを使った土工事の施工支援システムを造成工事で駆使して、大林組は厳しい工期を乗り切った。計画、設計の段階から三次元データを使い、それをもとに重機を操作して、出来形管理まで実施。一連の造成を情報化施工で実現した。夜間でも昼間と同じ施工効率を維持することができた。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3881文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 現場に効く情報化施工(42〜43ページ掲載)
現場に効く情報化施工
特集 現場に効く情報化施工(44〜47ページ掲載)
三次元データ活用で海上並みに高速造成
特集 現場に効く情報化施工(48〜51ページ掲載)
出来形計測しながらの施工で手戻り軽減
特集 現場に効く情報化施工(52〜55ページ掲載)
高気圧作業の完全無人化を実現
特集 現場に効く情報化施工(56〜59ページ掲載)
情報化施工で得たデータを検査に生かせず
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
大林組
鹿島道路
update:19/09/27