日経コンストラクション 2009/06/26号

事故に学ぶ 安定形状の桁が想定外の転倒
安定形状の桁が想定外の転倒
《第二京阪で架設中の桁と足場が落下》 張り出し足場の荷重で桁直下のゴム支承が大きく変形

京都府京田辺市で架設中の桁が転倒して張り出し足場とともに転落した事故は、桁の転倒防止用の金具を設置し忘れたのが原因だと分かった。桁は安定性のある形状で、金具で固定していなくても転倒することはないとみられていたが、事故後の実験では、足場の荷重でゴム支承が大きく変形して転倒したことも判明した。再発防止策として、金具に加えてワイヤで固定することなどを決めた。(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3235文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/27