日経コンピュータ 2009/07/08号

動向 IT部門のコスト削減策
案件凍結は“一過性”で終わる業務・機能の標準化・平準化を
IT部門のコスト削減策

IT部門におけるコスト削減は喫緊の課題である。しかし、予定していたプロジェクトの凍結や外注契約の見直しといった対策だけでは、今期の経費削減には成功しても、その効果は“一過性”で終わりかねない。サービスプロバイダとの関係を再構築し、“恒常的”なコスト削減を目指さなければならない。(101〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6077文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24