日経コンピュータ 2009/07/08号

特集 「見える化」は不十分勝つには「見せる化」
ガラス張りで迅速な企業へ

 見せる化を実現するためのコンセプトを三つ挙げた。S&OP、エンベデッドBIは、業務を進めるうえで情報を見せる化のための考え方だ。これに対しGRCは社外に情報を見せる化作業を効率化する。これらのコンセプトを実現すれば、情報の見せる化が進み、意思決定を加速するガラス張りの企業になる。 ただし見せる化に着手する前に条件がある。(46〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6136文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「見える化」は不十分勝つには「見せる化」(40ページ掲載)
「見える化」は不十分勝つには「見せる化」
特集 「見える化」は不十分勝つには「見せる化」(42〜45ページ掲載)
「見せる化」で反転攻勢
特集 「見える化」は不十分勝つには「見せる化」(46〜51ページ掲載)
ガラス張りで迅速な企業へ
特集 「見える化」は不十分勝つには「見せる化」(52〜55ページ掲載)
企業活動を社会に見せる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24