日経パソコン 2009/07/13号

特集 SSDはどれだけ速い?
SSDはどれだけ速い?
メーカーも続々採用

最近、パソコンのカタログに「SSD」という文字を見かけるようになった。SSDは、データを保存するためのストレージ装置で、ハードディスクよりも「読み書きが速い」「衝撃に強い」「静かで軽い」のが特徴。古いパソコンのハードディスクと取り替えれば、性能アップも見込める。ただし、ハードディスクより割高なのが欠点。果たしてSSDは価格に見合うのか。実測して確かめた。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:246文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 SSDはどれだけ速い?(38〜39ページ掲載)
SSDはどれだけ速い?
特集 SSDはどれだけ速い?(40〜49ページ掲載)
SSDの特徴とトレンドをつかむ
特集 SSDはどれだけ速い?(50〜53ページ掲載)
古いノートのHDDをSSDに交換
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > その他(パソコン・デジタルギア用記憶装置)
update:19/09/25