日経ビジネス 2009/07/27号

関西企業特集 関西流 「そこまでやるか」の経営 世界で 1章
関西流 「そこまでやるか」の経営 世界で勝つ“ほんまかいな合理主義”

 「良いものをどんどん安く」は、松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏が1932年に唱えた水道哲学だ。日本の経済発展を牽引したのは自動車産業や家電産業など、この水道哲学の趣旨をどこかに漂わせたビジネスである。しかし、このモデルが岐路に立たされている。2009年3月期に大量販売で成長を遂げた日本の中核企業は軒並み赤字決算を強いられた。(40〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7291文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
関西企業特集 関西流 「そこまでやるか」の経営 世界で 1章(40〜44ページ掲載)
関西流 「そこまでやるか」の経営 世界で勝つ“ほんまかいな合理主義”
関西企業特集 関西流 「そこまでやるか」の経営 世界で 2章(45〜47ページ掲載)
「常識を超える常識」で戦う
関西企業特集 関西流 「そこまでやるか」の経営 世界で 3章(48〜49ページ掲載)
パナソニック、理念を輸出へ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
エレコム
ニプロ
船井電機
update:19/09/24