日経ビジネス 2009/07/27号

時流超流・トレンド 深層
日本版サブプライムの悪夢 低利融資が家計崩壊を招く

 東京都内に住み、住宅設備の販売会社に勤める40代の男性は頭を抱えた。悩みの種は住宅ローンの支払い。既に延滞期間は2カ月を過ぎた。3カ月以上支払いが滞ると預金凍結などの措置が施される可能性がある。もはや一刻の猶予も残されていなかった。 念願のマイホームを購入したのは12年前の1997年のこと。返済計画には無理がないように思えた。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3208文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > 購入資金(不動産売買)
update:19/09/24