日経コンストラクション 2009/07/24号

知っておきたい技術トレンド 第7回
第7回 地盤調査 高まる災害リスクを高精度に予測
情報の可視化や統合化で調査の品質が向上

 下のグラフは、全国地質調査業協会連合会(全地連)がまとめた会員企業の年度別受注額。阪神大震災直後の1995年度をピークに減少傾向が続き、2007年度にはピーク時の約44%の1239億円に落ち込んだ。 全地連の池田俊雄事務局長は、「公共事業の発注減が大きく影響した。(74〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
update:19/09/27