日経コンストラクション 2009/07/24号

トピックス 受発注者関係
設計者は誰? 設計は誰のもの?
アクアライン換気所切り下げで土木の著作権軽視が浮き彫りに

 誰が設計したかが分からない──。世間的にはいたって奇妙で、一般紙が記事に取り上げるような出来事が土木事業で起きた。 5月25日付の朝日新聞夕刊で、「『ピラミッド』てっぺん撤去」の文字が紙面に躍った。問題視されたのは、ピラミッド型の換気所を建設した東日本高速道路会社(当時の日本道路公団)と東京湾横断道路会社に「設計者の記録がない」ことだ。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3726文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 土木設計・デザイン
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木設計・デザイン
update:19/09/27