日経ビジネス 2009/08/03号

リポート 植物工場 フィーチャー
農業は工場内で進化する 三菱ケミカルや大戸屋など異業種が参入へ
日本の農業技術、世界へ 異業種が連携すれば生産性は向上する

 JFEホールディングス傘下のJFEライフは、今年に入って茨城県土浦市でレタスの生産能力を増やした。大成建設は出資する農業ベンチャーで、ルッコラやセロリを生産する。三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱樹脂は、子会社を通じてハイテク農業のノウハウを持つ太洋興業を買収。トマトやイチゴなどを生産する予定だ。 こうした動きには共通点がある。(68〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10228文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ技術 > その他(バイオ技術)
【記事に登場する企業】
大戸屋ホールディングス
三菱ケミカルホールディングス
update:19/09/24