日経ビジネス 2009/08/10号

隠れた世界企業 企業
中央葡萄酒(山梨県甲州市、ワイナリー) 甲州ワインで欧州酔わせる

 「2012年頃にはワインに使える実がなるでしょう」。7月中旬、中央葡萄酒の三澤茂計社長は、今春植えたばかりで高さが70cmほど伸びたブドウの苗木をいとおしそうに見守っていた。 「グレイスワイン」のブランドで知られる中央葡萄酒の本社がある山梨県甲州市勝沼町から車で20分ほど。山梨県北杜市明野町に8ヘクタールの広大なブドウ畑を拓いたのは2002年のことだ。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3061文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
中央葡萄酒
update:19/09/24