日経ものづくり 2009/08号

新製品 ロボットケーブル
材料の変更で1億回の屈曲に耐える価格は30%低減

「ORPケーブル」は,屈曲性能に優れるロボットケーブル。材料を変更するなどの工夫により,導体(より線)を包む絶縁体にフッ素樹脂を使った現行のフッ素絶縁ロボットケーブルに対して,屈曲性能を5割高め,1億回の屈曲と2000万回のひねり(捻回)に耐えるようにした。絶縁体の材料に,燃えにくく柔軟性があって,耐摩耗性も備えた合成樹脂である滑性難燃エラストマを採用。(136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:635文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
update:18/07/26