日経ものづくり 2009/08号

速報
抵抗率を制御できる発熱材を実用化薄膜ヒーターで待機電力をゼロに

電力技術などを開発するエコ・エンジニヤリング(本社神奈川県逗子市)は,工学院大学工学部環境エネルギー化学科教授の長本英俊氏と共同で,「面ヒーター」として使える発熱材の実用化にメドを付けた(図)。独自開発のセラミックスをプラズマ溶射して形成した薄膜で,予熱をせずに極めて短時間に目的の温度を得られる。まずは暖房便座と,複写機の定着ロールの熱源での活用を目指す。(28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1750文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
エコ・エンジニヤリング
工学院大学
update:18/07/26