日経コンピュータ 2009/08/19号

動かないコンピュータ 特許庁
“野心的な”システム構想が頓挫133億円投じるも稼働のメド立たず

特許庁の基幹システム再構築プロジェクトがすでに2年遅れている。総額133億円の契約を結んでいるが、稼働のメドが立っていない。2006年末から始めた基本設計すら終わっていない段階だ。レガシーシステムの刷新と分割発注によって開発・運用費を削減する構想だったが、足踏みが続いている。 「知的財産立国を目指す国家戦略にも影響を及ぼしかねない。国益にかかわる問題だ」。(94〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3775文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
政治・経済・社会 > 知的財産・特許(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会の知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > 政治・経済・社会の知的財産・特許
【記事に登場する企業】
特許庁
update:16/04/06