日経ビジネス 2009/08/31号

敗軍の将、兵を語る 人
緒方 重威 氏[元公安調査庁長官] 詐欺事件、カネ目当てでない

 僕はかつて公安調査庁長官や、高等検察庁の検事長を務めました。退官後は弁護士に転身。しかしこの日は被告人の立場です。問われたのは、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)から土地や建物、資金をだまし取った詐欺罪です。初公判から1年2カ月、無実を訴え続け、この日いよいよ判決の時を迎えました。裁判長は僕を被告人席に呼び、判決の言い渡しを始めました。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5218文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
公安調査庁
update:19/09/24