日経コンストラクション 2009/08/28号

特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事
増額変更とコスト削減を両にらみ あいまいな点は入札前に必ず確認
受注の工夫

 飛島建設は、厳しい施工条件下で自社が得意とする工法を発注者に積極的に提案して、適正なコストで工事をやり遂げてきた。以下はその一例。トンネル補修工事の設計変更に自社工法をアピールし、従来工法に比べて工事費を抑えた。(48〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5718文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(34〜35ページ掲載)
適正な対価で変わる補修の仕事
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(36〜39ページ掲載)
採算割れリスクが大きい補修新設と異なる点への共通認識が不可欠
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(40〜41ページ掲載)
設計・施工一括発注で橋を補修 JVの提案でライフサイクルコスト低減
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(42〜44ページ掲載)
現地調査に基づき柔軟に設計変更 費用の増減伴う変更を審査会で即決
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(45ページ掲載)
変更金額の概算を書面に残す
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(46ページ掲載)
受注者の“やる気”に対応
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(47ページ掲載)
単価設定や劣化予測の精度向上が課題に
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(48〜52ページ掲載)
増額変更とコスト削減を両にらみ あいまいな点は入札前に必ず確認
特集 「適正な対価」で変わる補修の仕事(53〜55ページ掲載)
見積もりの活用手法に差 自治体の総合評価は進まず
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建築施工コスト
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築施工コスト
update:19/09/27