日経コンストラクション 2009/08/28号

事故に学ぶ 現場近辺での施工経験を過信
現場近辺での施工経験を過信
《シールド工事に伴って群馬県内の国道が陥没》 排泥量が異常値示すも掘進工事続行

シールド工事が原因で国道の路面が陥没した。掘進時に管理値を超える排泥量を計測したが、過去の経験などから問題ないと判断して、工事を続行。排泥量より多めの裏込め材を注入することで対処していた。再発防止のため、発注者と施工者は、排泥量が管理値を超えた場合の初動措置や対応の基準をより明確にして、現場で迅速に行動できるフロー図を作成した。(30〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3960文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:19/09/27